Billy ver.9<導入事例3>

   CASE3
←戻る
   システム導入目的
C社は「Billy」の標準パッケージを利用し、ビルメンテナンス業務における電算処理を実施していました。稀に工事は発生していましたが、1ヶ月以内で完了する工事のみであったため、「Billy」の売上・原価入力等で処理を行なっていました。
しかし、リフォームを実施しているグループ企業を合併したことにより、2カ月以上の工期にわたる作業が売上の3割を占める状況となりました。これに伴い、工事単位での収支の管理が必須となり、加えて長期にわたる工事であるが故に、会計上で「未成工事勘定」の管理も必要となってきました。
そこで、「Billy」のサブパッケージである「工事管理オプション」を導入し、工事関係の売上・原価の計上、並びに対比等を実施できる環境を構築することとしました。また、「Billy」と同時に導入済みであった弊社商品の「オーダー会計」との連携において「未成工事勘定」を連携することで、会計上でも未成工事の係数把握ができるようにしました。
   システム導入効果
■工事管理を「アドオン」で短期で移行
 既にご利用になっている「Billy」に「工事管理オプション」をアドオンする形態で導入したため、工事管理の立ち上げまでに要したのは2カ月と、大変に短い期間で導入ができました。但し、リフォーム関係を実施していた企業では請求業務等を全て手作業(Excelデータ等を利用)で行っていたため、未成計上の意味、或いは方法等に付いての運用方法上の取り決めを行なう必要が有り、システム以外の要件で多大な移行作業を実施した経緯が有ります。
■未成勘定も含めた月次決算が短期間で実施可能に
 通常の「Billy」の運用に加えて「工事管理」の運用が加わりましたが、工事の受注、外注への発注、工事の進捗入力、工事完成入力と、その時々での実作業のステータスを入力して行くことで、請求書の発行、未成工事勘定の計上、最終的な工事売上・原価の計上までをスムーズに行なえるようになりました。月末時点では工事に関わるデータがすべてそろっている状況となり、そのまま「オーダー会計」に連携することで、未成・完成の各々の勘定が自動的に計上されるようになりました。
特に「未成工事受入金」や「未成工事支出金」が把握できるようになったため、工事が完成する前に受注金額との対比で損益予測を判断できるようになりました。
■収支を捉える単位が豊富になった
 本来、「Billy」は「建物別の損益(売上・原価の対比)」や「業種別の損益(同)」等、各種の集計単位で売上と原価の対比ができるパッケージソフトです。今回、C社では「工事管理」をご導入いただいたことにより、工事番号別での売上・原価の対比も行なえるようになりました。
さらに、工事管理で計上された実績は「工事番号」のみでの集計に留まらず、「Billy」で基本的に持っている各種の集計単位の中にも反映されるようになっています。従って、「リニューアル工事も含めた年間での物件の収支」、或いは「工事としての業種の収支」、「工事を含めた顧客別の収支」などを捉える事も可能となりました。
当然、これらの情報はExcelに出力する事もできますので、いろいろな加工を施すことで社内での実績管理帳票、或いは会議資料等での利用もされています。

 

 

http://billy-sakura.com/ http://billy-sakura.com/?page_id=5 http://billy-sakura.com/?page_id=121#1 http://billy-sakura.com/?page_id=32 http://billy-sakura.com/?page_id=131 http://billy-sakura.com/?page_id=147 

http://billy-sakura.com/?page_id=153 http://billy-sakura.com/?page_id=156 http://billy-sakura.com/?page_id=158 http://billy-sakura.com/?page_id=161 http://billy-sakura.com/?page_id=166 http://billy-sakura.com/?page_id=168 http://billy-sakura.com/?page_id=173 http://billy-sakura.com/?page_id=175 http://billy-sakura.com/?page_id=177 http://billy-sakura.com/?page_id=346 http://billy-sakura.com/?page_id=222 http://billy-sakura.com/?page_id=181